低用量ピルの通販

低用量ピルは通販を利用しなくても病院に行き受診すれば処方してもらえます。
でも忙しい女性なら通販で購入するのがとっても便利!

  • スマホで簡単に買える
  • 病院で長く待たされる事がない
  • 診療費を払わなくてもいいから安い

おすすめの低用量ピルを紹介します♪

アフターピルの通販

妊娠したらどうしよう、って不安になった事はありませんか?

「コンドームが行為中に破れたり外れてしまい、膣内に精子が出ちゃったかも!?」
「低用量ピルを数日間飲み忘れていて、うっかりセックスしちゃった・・・。」
「彼氏にコンドームを付けてとお願いしても、聞いてくれない。」

その他、レイプなどの性犯罪に巻き込まれてしまったなど・・・。

まだ妊娠は望んでいないのに、避妊に出来なかったという時もあります。

「今日は安全日だから大丈夫」なんて安心するのはキケン!
日常のストレスや風邪、女性ホルモンのバランスが崩れたりと、ちょっとした事で排卵日はずれてしまうのです。

あなたが「大丈夫」と思っていても実際は分かりません。
後日「生理が来ない・・・」と、そこで初めて「妊娠してるかもしれない」という不安にかられます。

その不安がストレスとなり、余計に生理が遅れてしまったりと悪循環になることも。
その不安と闘うのは女性です。

パートナーや周りの人に相談する事もできず、一人で泣いている人も少なくありません。
後から「ちゃんと避妊しておけばよかった」と後悔しても、もう遅いのです。

避妊に失敗したらアフターピルを飲む方法がある

では実際に避妊に失敗してしまった場合、不安を抱えながら過ごすしかないのでしょうか?

いいえ!避妊後すぐであれば、まだ間に合います!
「アフターピル」をご存知ですか?

アフターピル(経口避妊薬)とは、別名「緊急避妊薬」や「緊急避妊ピル」と呼ばれています。
名前の通り、避妊を失敗してしまった緊急時に服用するピルのことです。

また避妊失敗した翌日の朝によく飲まれることから、「モーニングアフターピル」とも呼ばれています。
性行為から72時間以内に女性が服用する事によって、望まない妊娠を防ぐ事が出来る薬です。

アフターピルは基本、産婦人科で処方してもらえます。
服用する時間が早ければ早いほど高い効果を発揮してくれます。

逆に72時間を超えてしまうと効果を得る事は出来なくなるので、緊急時には出来るだけ早く受診してくださいね。
その他、ネット通販でも購入が可能ですが、手元に届くまでに時間がかかり72時間を過ぎてしまう可能性があります。

また、成分が安全かなども自己責任に。

診察料なども入ると少し料金は高くなり1万円もかかります。
本当に緊急な場合は産婦人科で処方されるアフターピルを服用する事をオススメします。

吐き気などの副作用が出る場合もありますが、手遅れになって中絶手術をするのに比べたら少ない負担で妊娠を防ぐ事ができます。

このピルは自分で自分の身体を守るためにも、ぜひ知っていただきたい薬です。

アフターピル ノルレボのジェネリックのアイピルは急に病院へ行って買うより通販で安い

 

アフターピルは自由診療の為、病院で処方してもらうと高額になってしまいます。
お薬代のみでだいたい1万ちょっと、診察料なども含まれて1万5千円は最低かかると言われています。
金銭的に余裕がない人は、お金が払えないという理由でアフターピルを飲むのを諦めています。

高い避妊効果があり、副作用も軽いといわれているアフターピル「ノルレボ錠」。
病院で処方すると1万5千円以上かかってしまいます。
しかし!
今ジェネリックで、ノルレボ錠と同じ成分で同じ効果が得られると期待できるアフターピルがあるんです♪

アイピル

ノルレボのジェネリック医薬品で、低価格で個人輸入出来る人気のアフターピルです。
アイピル1錠あたり1780円なので、ノルレボ錠を病院で処方してもらう価格よりヘタすると10分の1!?
処方箋がなくても購入出来るので、アイピルを事前に購入しておけばもう安心ですね♪
病院へ走る必要がなくて、お財布にも優しく好きな時に購入出来るなんて、メリットだらけ。
通販でまとめ買いをすると安く購入できる時期もあるみたいなので、要チェックです^^

何かあってから焦る前に、通販などで手元に置いて安心しておくのがオススメです。
購入に悩んでいる人はぜひ参考にしてみて下さいね。

アフターピルで避妊が出来るメカニズム・排卵前

まず女性の身体の仕組みについて、簡単に説明します。
女性の身体は、生理周期がありますよね。

個人差はありますが、大体30日ごとに排卵を起こし、妊娠する体制が整います。
妊娠をしないまま2週間が過ぎると、生理がきて子宮内をリセットします。

生理後から子宮内では、子宮内膜を充実させて排卵を起こす準備を始めます。
その後排卵日を迎え、膣内に精子が入り込んで着色すると妊娠します。

一般的に排卵を起こしてから受精できる時間は、24時間です。

なので、排卵日前後に精子が膣内に生存していれば、受精する可能性があります。

この期間を「排卵期」といい、排卵期の前後1週間が妊娠しやすい時期。

生理後~排卵期前は子宮内膜がまだ充実していない為「安全日」と呼ばれ、妊娠する可能性は低くなるのです。

アフターピルを排卵前に服用すると、子宮内膜が完成していても排卵を強制的に抑制させます。

精子はだいたい3日ほどで受精する力がなくなると言われています。

なので避妊に失敗しても排卵日を遅れさせるので、受精するまえに精子は力尽き妊娠を防ぐ事ができるのです。

アフターピルで避妊が出来るメカニズム・排卵後

ではすでに排卵を起こしてしまっていた場合。

通常であれば、排卵を起こして受精した後、今度は受精卵を子宮内膜に着床させる準備を始めます。
着床ができると、妊娠となります。

また、排卵期を終えると、妊娠しなかったので子宮内膜は要らなくなり、子宮から剥がれて外に排出され、リセットされるのです。
これを一般的に生理といいます。

排卵期を終えた頃~生理前も、もし着床しても子宮内膜は剥がれる準備が進んでいる為、妊娠はしにくいと言われています。
排卵後、妊娠する準備が整っている時に避妊を失敗してしまったらどうなるのでしょうか?

排卵後はアフターピルを服用することによって、受精卵が子宮内膜に着床しにくくなります。

着床しないうちに子宮内膜が排出されていく流れを作り、妊娠を防いでくれるのです。

アフターピルは、避妊が出来なかったトラブル時の強い味方です。
しかしいずれも、成功率は100%ではありません。

飲んだ後も、やはり正常な状態に戻るまでは女性は不安でいっぱいになります。
誰にも相談できず泣いて抱え込む前に、しっかりと避妊をするようにしましょうね。

アフターピルの効果と時間

アフターピルの効果は飲む時間が大事

避妊に失敗するというトラブルが起きた時、アフターピルを服用する事によって妊娠を防ぐことが出来ます。
しかしアフターピルの服用には、1つとても大切な注意点があります。

それは、飲む時間帯によって効果が落ちてくるという点です。
出来るだけ早い時間で服用するという事が大切なピルです。

アフターピルの避妊確立
*12時間以内の服用・・・99.5%
*12~24時間以内の服用・・・95%
*24~72時間以内の服用・・・84%

上記のように、服用する時間が早ければ早いほど避妊の成功率は高くなります。

アフターピルを飲むタイミングはいつ?

上記のように、飲むタイミングが早ければ早いほど効果があります。
避妊に失敗してしまったら、出来るだけ12時間以内に服用するようにしましょう。

翌朝には産婦人科へ行きアフターピルを貰うのが理想的です。
遅くても72時間以内に服用すると、受精し着床するのをギリギリ防ぐことが出来るのです。

アフターピルは72時間過ぎると効果は無いの?エラワンなら120時間以内服用で妊娠を防げる

72時間を超えてからアフターピルを服用しても、成功率は65%前後とガクッと下がってしまいます。
では、72時間以降に妊娠を防ぐことは、もう諦めるしかないのでしょうか?

「エラワン」というアフターピルは、最大120時間以内の服用であれば妊娠を防ぐ事が出来ます。

アフターピルというと「ノルレボ錠」が一般的ですが、エラワンは、ノルレボ錠よりも効果の高い最新のアフターピとして、今注目され始めているピルなのです。

また避妊率も、120時間以内の服用であれば95%以上の確率で妊娠を防いでくれるという高い避妊率でとても優秀なアフターピルです。

副作用は他のアフターピルと同じく、頭痛や吐き気が報告されています。

購入も通販で即対応してくれるので、いざという時の為に手元に持っているのにオススメです。

アフターピルは安全性の高い避妊方法なのか・排卵日の避妊に失敗しても効果はあるのか

アフターピルは避妊トラブル後の最後の頼みともいえます。
しかし、服用後に副作用が出てしまうのも事実。

身体への負担はどのくらいなのでしょうか?
アフターピルは、服用する事で女性ホルモンを体内に入れ強制的に生理を起こさせます。

中絶手術を行うより体への負担は少ないですが、アフターピルも十分体への負担は大きいと考えられます。
その為、続けての服用は避けるように言われており、頭痛や吐き気、酷い人は嘔吐してしまうほどの副作用もあります。

「アフターピルを飲めば大丈夫」なんて簡単に考えず、本当にトラブルが起きた時の最終手段として考え、普段から避妊をしっかりとするように心掛けて下さい。

また、アフターピルは排卵日後の避妊失敗にも効果があります。
着床しないうちに子宮内膜を排出させるので、出血があれば無事排出されたことになります。
なので排卵日後だからとアフターピルを諦めず、すぐに服用するようにしてください。

身体に負担がかかって苦しい思いをするのは女性です。
自分の身をきちんと守るためにも、正しい避妊をしたセックスを心掛けたい物です。

アフターピルの種類 レボノルゲストレル「LNG法」 ノルレボ錠と「ヤッペ法」フラノバールの違いを比較

アフターピルには種類が色々と種類があってどれがいいのか分からない、いう声もたくさん見かけます。
アフターピルを種類ごとに比較してみました。

「LNG法(レボノルゲストレル)」ノルレボ錠

アフターピルと聞くと、「ノルレボ錠」が1番よく耳にするかと思います。
黄体ホルモン剤で比較的避妊効果の高いと言われているアフターピルです。

「ヤッペ法」プラノバール配合錠

ノルレボ錠が承認される前に服用されていたアフターピルです。
ヤッペ法で緊急避妊する際は、「プラノバール配合錠」と「ドオルトン錠」がありましたが、ドオルトン錠は2007年に販売が中止されている為、現在はプラノバール配合錠が処方されます。
プラノバール配合錠は、「エチニルエストラジオール(卵胞ホルモン)」と「ノルゲストレル(黄体ホルモン)」を服用することによって妊娠を予防する事が出来ます。

アフターピルというと、上の2種類に分けられます。
では内容はどういった違いがあるのか、比較してみましょう。

行為後飲む時間

飲む時間自体は、LNG法ノルレボとヤッペ法は同じです。
避妊失敗後72時間以内に服用してください。
やむおえず72時間を超えてしまった場合は、避妊率は大幅に下がってしまいますが120時間以内であれば服用することが出来ます。

飲む回数

LNG法ノルレボは、1回の服用で避妊効果を得ることが出来ます。
ヤッペ法は1回服用した後、12時間後に再び服用と2回服用します。
12時間後の服用をよく忘れる人がいますが、必ず忘れずに服用してくださいね。

何錠飲むか

LNG法ノルレボは、1回の服用時に2錠飲みます。
1度飲めばその後は効果を待てばいいので、比較的簡単に服用できるアフターピルです。
ヤッペ法は、避妊失敗後すぐと12時間後の2回とも2錠飲みますので、計4錠飲むかたちになります。

避妊効果

服用したら、いずれの場合も数日後に出血(生理)が起これば避妊成功です。
気になる避妊の確率。
LNG法ノルレボ(976例)とヤッペ法(979例)での妊娠率を比べた試験結果では、LNG法ノルレボが1.1%の妊娠率、ヤッペ法は3.2%の妊娠率という結果に。
ノルレボの方が避妊の成功率が高いことが結果として出ています。

副作用

アフターピルを服用するうえで不安なのが副作用。
軽度の人から重症の人まで様々ですが、比較的LNG法ノルレボの方がヤッペ法よりも副作用は軽いという報告が挙がっています。

LNG法ノルレボの副作用

・頭痛
・吐き気
・不正出血
・消退出血

ヤッペ法の副作用

・強い吐き気(嘔吐)
・腹痛
・頭痛
・胃痛
・めまい
・下痢
・便秘
・不正出血
・肝臓障害
・乳房痛

身体への負担が比較的少ないのはLNG法ノルレボですが、その分処方費用が高くなります。
私が以前、LNG法ノルレボ錠を処方してもらった時は診察代も含め1万8千円ほど掛かりました。
アフターピルは自由診療となり保険が効かない為、婦人科などで処方してもらう際には余裕をみて3万円ほどみておいた方が良さそうです。
しかし手遅れになる前に、アフターピルで望まない妊娠は防いでくださいね。

アフターピルの安全性

アフターピルを飲んでも体に安全なのか

避妊を失敗してしまうなどのトラブルで、望まない妊娠を防いでくれるアフターピル。
「副作用があるって聞くし、高いし・・・。何となく飲むのが怖い」
そういって、飲まずに次の生理が来るまで不安で押しつぶされそうになっている人も少なくありません。
たしかに自由診療の為、金銭的には高額になってしまいます。
しかし、身体への負担を考えて飲まないでいた方が、本当に負担がかからないのでしょうか?

アフターピルを服用した場合、薬の力で強制的に生理(出血)を起こさせます。
本来であれば周期的に自然に起こる生理を無理に起こしているために身体への負担は大きく、連続的な服用はオススメされていません。
72時間以内に服用し、数日後に生理(出血)が起これば避妊成功です。

確かに身体への負担は、正直大きいです。
しかし、アフターピルを服用せずにいた場合も負担はあります。
何より精神面の負担です。

次の生理が来るまで、毎日毎日悩み続けてしまいます。
人にもなかなか相談できず、男性相手に相談しても「大丈夫だよ」と軽く流されてしまう人も少なくありません。

男性は自分の身に起きていない分、不安に理解を示しにくいみたいですね。
その不安が女性ホルモンに影響し、生理が遅れてしまい、更に「妊娠したのでは」という不安にかられます。
結果、全体的な負担を考えると、アフターピルを服用したほうが一時の負担で済み、精神的に何日も悩み続ける必要もありません。

私が実際にそうでした。
金銭的な余裕がなく、アフターピルを諦めて毎日不安と闘っていましたが、本当に孤独で涙を流す日もありました・・・。
精神的なものから胃痛や食欲不振にもなりました。
結果妊娠はしませんでしたが、アフターピルを飲んでおけばよかったととても後悔したのを覚えています。

もしアフターピルの服用に躊躇しているのであれば、間違いなくアフターピルの服用をオススメします。
自分の身を守れるのは自分のみです。

個人輸入で準備しておくのは安くて安全

「分かっているけど、アフターピルを買う金銭的な余裕がないよ・・・」
そんな人の為に、オススメなのが個人輸入です。

アフターピルは婦人科で処方してもらうというのが一般的ですが、最近では通販などで個人輸入する人も増えてきています。
個人輸入は処方箋なども必要ない為、避妊失敗してから焦って病院へ走らなくても前々から購入しておけばすぐに対応することが出来ます。
また診察料などもかからない為、病院で処方してもらうよりも安く購入する事が出来ます。
いざという時の為に、事前に準備しておくのは安全ですね。

アフターピルを飲んだ後も避妊して行くなら低用量ピルを飲む方法なら体への負担は少ない

「アフターピル」は、本当に身体への負担が大きく、本来であればあまりオススメは出来ません。
もし、今後同じようなことを繰り返したくないというのであれば、「低用量ピル」の服用をオススメします。

低用量ピルは避妊効果を目的として作られており、副作用を大幅に軽減した安全性の高いピルです。
避妊効果以外にも、生理痛の軽減や出血量の減少、肌に合う人にはダイエット効果や肌荒れが治ったという人もいます。

実は私も低用量ピルを服用していた時期がありましたが、出来やすかったニキビが全く出来なくなりました。
病院で処方してもらうか、通販で購入する事が出来ます。
低用量ピルを服用していれば、避妊効果以外でも嬉しいメリットがついてくるし、今後不安に襲われる心配がありません。
もし悩んでいる人がいたら、1度病院で相談してみてはいかがでしょうか?

アフターピルはいざという時のために常備したほうがいい

出来れば12時間以内に服用することが望ましいアフターピル。
しかし、翌日が日曜日などで病院で処方してもらえない時もありますよね。
次の月曜日に行けば間に合うとはいえ、12時間を過ぎてしまうと、段々と避妊の成功率は下がってしまうのも正直なところ・・・。

そんな時の為に、アフターピルを事前に常備しておくことをオススメします。
本来、アフターピルは避妊トラブルが起きた時に病院で処方してもらうのが一般的です。

しかし最近では、通販でアフターピルを購入する事が出来るようになっています。
通販であれば処方箋がなくても購入する事が出来るので、何か起きる前に事前に手元に置いておく事が出来て安心です。

事前に手元にあれば、すぐに対応出来るので高い避妊効果を得られるだけでなく、精神的な不安にかられる時間も短くて済むため、男性とのトラブルにもなりにくく落ち着いて眠りに就くことが出来