アンジュの成分はトリキュラーと同じです。

アンジュがトリキュラーのジェネリックです。
私がおすすめしている安心な個人輸入業者ではトリキュラーが安いのでご紹介します。

トリキュラー21
トリキュラー28

アンジュ21、28の効能、効果、どんな成分が入っているのか

アンジュは経口避妊薬として使用される低容量のピルの1つです。あすか製薬株式会社が製造して販売しています。

避妊の目的で病院や診療所の婦人科などで処方してくれます。
最近新たに開発された第二世代の低容量ピルであり、ルナベルなどの少し前に開発された他の低容量ピルと比較すると、副作用である不正出血などが起きにくくなっているのが特徴です。

アンジュは卵胞ホルモンであるエストロゲンと黄体ホルモンであるプロゲステロンという2つの女性ホルモンに似せた成分が配合されていて、服用すると妊娠したと体が認識できるようなホルモンのバランスを生み出します。

そうすると脳が妊娠したと錯覚を起こすことで排卵が抑制され、避妊の効果を発揮します。

アンジュ21とアンジュ28の違いは何?

アンジュは21錠入りのものと28錠入りのものがありますが、終わりの七日間での見方が違っています。

21錠入りのものは赤色の6錠、白色の5錠、黄色の10錠となっています。色の違いによりその錠剤に配合されている有効な成分の量が違います。

スタートと書いてある1の赤色の錠剤から開始して、毎日番号通りに1錠ずつ内服していきます。

21日を指示通りに内服したら、7日間服用しない休薬期間を設けます。

28錠入りのものを飲む際にも基本的には番号通りに飲んでいけば大丈夫です。

しかし28錠あるので休薬期間はありません。プラセボと言われる成分を含まない錠剤を7錠飲むことになります。このようにすることで飲み忘れを防ぐことができます。

アンジュ21と28の飲み方

経口避妊薬として身近なアンジュには、21錠入りと28錠入りの二種類があります。

それぞれで服薬方法が異なりますので、服薬する場合は注意が必要です。

アンジュ21は、21日連続で1シート分のピルを飲み終えたら、7日間ピルを飲まない期間(休薬期間といいます)を設けてから、次のシートのピルを飲み始める、という服薬方法です。

ですが、前述した服薬期間も間違ってピルを飲んでしまったり、休薬期間が明け、新しいシートのピルを飲み始めなければならないのにそれを忘れてしまったり、と服薬ミスもあります。

アンジュ28の場合は、28日連続で1シート分のピル21錠と偽薬7錠を飲むという服薬方法です。休薬期間を設けないので、飲み忘れが心配な方は28錠入り、少しでも飲む回数を減らしたい方は21錠入り、と自分の好みに合わせて服薬してください。

アンジュを飲み忘れた時の対処方法

アンジュを飲み忘れてしまったことに本来飲むはずであった時間から12時間のうちに気づいた時には、そのときすぐに飲み忘れた分の錠剤を内服します。

その後の錠剤はいつもの決まった時間に内服します。

いつ飲み忘れても12時間以内であれば避妊の効果が低下してしまうことはありません。

飲み忘れから12時間を過ぎてから24時間以内である場合に気づいた時には、その時にすぐに飲み忘れた分の錠剤を内服します。

次の分もいつもと同じように決まった時間に内服します。24時間を過ぎてから飲み忘れに気づいた場合には避妊効果が低下してしまう可能性があるため、一度ピルの服用を中止して、次に生理が来るのを待ちます。

生理が来たら1日目に新たなシートの1錠目を服用します。

アンジュの口コミ

妊娠しないように初めてアンジュを服用してみました。手軽に寝る前に飲むだけですので、ズボラな性格でも簡単に続けることができて、嬉しかったです。副作用からくる症状も特になく、毎日快適に過ごすことができて満足しています。

小粒のサイズ感が飲みやすいアンジュは、持ち運びも楽でしたので彼との旅行先にも持って行くことができて本当に助かりました。安全性もしっかりしていて安心して飲み続けられた点も信頼できると実感しました。

アンジュは、望まない妊娠をほぼ100パーセントに近い確率で予防できる点がとても気に入っています。飲み忘れても24時間以内に飲めば効果が持続しますので、万が一の際も安全に利用できました。今後も利用していくつもりです。