セラゼッタ通販購入はこちら!

セラゼッタはマーベロンのジェネリックです。
セラゼッタより安いマーベロンのジェネリックは▼こちら▼

>>マーベロンのジェネリックはこちら

>>セラゼッタはこちら

セラゼッタの効能、効果、成分、特徴

セラゼッタの効果は、避妊効果以外にも生理痛や生理不順などを改善してくれる効果が期待できる薬です。

さらに、子宮がんや子宮内膜症などの予防効果なども期待する事ができます。

セラゼッタにはデソゲストレルが有効成分として配合されています。

また、プロジェスティンと呼ばれる黄体ホルモンは含まれていますが、ステロイドホルモンの一種であるエストロゲンは含まれていません。

授乳中の人や喫煙者や片頭痛などの症状が見られる人がピルを服用して避妊をする場合は、エストロゲンを含んでいるピルを服用する事ができません。

しかし、セラゼッタにはエストロゲンを含んでいないため、授乳中などの人でも服用する事ができるという特徴があります。

セラゼッタの飲み方

セラゼッタの飲み方として、初めて飲む時は生理の1日目に1錠目を飲み始め、毎日決められた時刻に水かぬるま湯で飲みます。

セラゼッタは黄体ホルモンが少なく調整されていますので、服用時間を3時間以内のずれにしなければなりません。

3時間以上飲むタイミングがずれたり、飲み忘れがあったりした時は避妊効果が薄れて、不正性器出血が起こりやすくなりますのできちんと時間を決めて毎日同じ時間に飲むように気をつけます。

万が一飲み忘れに気が付いた時は早めに1錠を服用しますが、時間を大幅に超えると妊娠の可能性が高くなるので飲み忘れてから1週間は他の避妊法を使用します。

セラゼッタには休薬期間が無く365日休まず毎日飲む事が出来、偽薬はありませんので28錠を飲み終えたら次のシートの服用を開始します。

セラゼッタの副作用、症状について

セラゼッタを服用したときに、副作用が現れる場合があります。

まず、症状としてはホルモンバランスの変化に伴い頭痛や吐き気めまいやニキビなどの症状があります。

また、中には不正出血が見られる方もおり飲むときには注意が必要です。

通常では、飲み始めだけ症状が出る場合が多く飲んでいるうちに緩和される方が多いです。

なかには、重い副作用が見られる方もおり手足の腫れやむくみ息切れ時には視力がかすむ場合や目が痛む方もいます。人によって症状が異なる場合がありますが、副作用の症状が見られる場合がありますので慎重に服用するべきだと言えます。

セラゼッタは、国内での処方は医師の処方が必要になります。これらの副作用を起こさないためにも、医師や薬剤師に相談の上処方されることをおすすめします。

セラゼッタの口コミ

生理痛や生理前のイライラは収まりました。更年期の気分のムラや乱れも管理しやすく助かっています。

飲み始めて4か月目で生理がなくなりました。初めは、不正出血がありましたがオリモノシートで大丈夫な感じでした。初めは、ミニピルを服用していましたがお安いこちらを使用することにしました。おそらくずっと飲んでいくと思います。

目的は避妊効果の期待ですが、他のピルとも比べ効果的だということなので購入しました。色々試しましたが、むくみや体重増加の症状があったためセラゼッタ移行しました。ピルを飲んでいたこともあり、最初の不正出血もなく安定しています。

>>セラゼッタ

>>セラゼッタより安いマーベロンのジェネリックはこちら