トリキュラー21とトリキュラー28は通販で簡単に買えます♪

トリキュラー21

トリキュラー21


トリキュラー28

トリキュラー28

トリキュラー21と28の効能、効果、成分について

トリキュラーは3相性ピルであり、女性が経口で服用することにより避妊の効果をもたらす低容量のピルです。主な成分は卵黄ホルモンのエチニルエストラジオールと黄体ホルモンのレボノルゲストレルであり、体内の女性ホルモンのバランスを妊娠した時と同様の状態に調整してくれます。その作用により、排卵が抑制され、精子が子宮にたどり着きにくくしたり、卵子に着床しないような効果を期待することができます。トリキュラーは体内で分泌される自然なホルモンを少量配合していて、徐々に多くするため、副作用はあまりみとめられず、体への負担も少ないものとなっています。避妊だけではなく、生理不順を解消したり、生理痛を和らげる効果もあります。

トリキュラー21とトリキュラー28の違いとは

避妊薬として利用されるのがトリキュラーですが、種類はトリキュラー21とトリキュラー28があります。
21の方は実薬が21錠で、28は実薬が21に加えて7錠が偽薬として入っています。
どちらも同じ作用があり1日目〜6日目までは赤褐色のレボノルゲストレルが0.050mg、エチニルエストラジオールが0.030mg、7日目〜11日目は白色のレボノルゲストレルが0.075mg、エチニルエストラジオールが0.040mg、12日目〜21日目は淡黄褐色のレボノルゲストレル0.125mg、エチニルエストラジオールが0.030mg配合されています。
21の方は1日1錠を毎日21日間服用して7日間休薬し、28の方は1日1錠21日間実薬を服用して7日間偽薬を服用するという飲み方になります。

トリキュラー21と28の飲み方

トリキュラーの卵胞ホルモンの配合されている量は21日間で茶色の6錠、白の5錠、黄色の10錠と3段階で多くなっていきます。
そのため使用方法をしっかり守ることが必要です。

月経の一日目から1日1錠ずつを決まった時間に21日間飲み続けることが必須です。
一シートには21錠入っており、21日間服用した後は残りの7日間は休薬期間となり、服用を中止します。この28日間を一セットとしてこれを繰り返すだけという簡単な使用方法となります。

万が一飲み忘れた際はすぐに飲み忘れた分を服用して、その後にその日の文を決まった時間に服用するようになります。
毎日正しく服用することで、ほぼ避妊の効果が発揮され、女性に特有のトラブルも防ぐことができます。