避妊方法 男性が出来るパイプカットはどんな男性におすすめか

男性のパイプカットと言われる避妊方法は、子供を作りたくないと思っている人や、これ以上子供を増やしたくない人の為に役に立っています。

家族生活をして行く上で夫婦生活、セックスをするのは仲良く過ごす為の生活の一部になり、行わないと夫婦の仲が悪くなり浮気などに走ってしまう事にも繋がってしまうのです。

その為に子供はいらないという人や、これ以上子供を増やしたくない人にはおすすめとなるのです。

また浮気性の人には、よそで子供を作れないようにすると言った意味で有効活用できます。

その他には、女性の身体に負担を掛けたくないと思う人にも良く、性行為の後のアフターピルなどを服用しなくても済みます。

どのような状態でも、基本的には、子供を作りたくないと思っている男性がパイプカットをするのがおすすめになります。

パイプカット(精管結紮)の手術と費用について

パイプカットは精巣で作られた精子を制精液の中に輸送する精管という管を切り離して、精巣は作られても精液の中に精子が張り込まないようにする手術です。

精液精巣とは別の場所で作られるため勃起や射精はそれまで通りできますが、精液の中には精子が入り込まなくなるため、女性を妊娠させることは不可能となります。

一般的には日帰り手術などでも出来、決して難しい手術ではありません。

費用は病院によっても異なりますが5万円から20万円程度でできる病院が大部分です。

あとは、手術ですので少し皮膚を切開するなど傷ができますので、その傷が化膿したりすることなどが考えられます。

これらの術後の処置などの対応が別料金なのか、それともその手術費用に含まれているのかなどは病院により異なるので、手術を受ける病院で確認するとよいでしょう。

パイプカット後に性行為は出来るのか、また妊娠する可能性はあるの?

パイプカット手術をした直後は、性行為は控えたほうがいいですが、術後落ち着いてきて医師から大丈夫だといわれた後は普通に性行為をすることができます。

精子は含まれていない精液を射精する事になり性行為は可能です。

ですのでパイプカットをしていればほぼ妊娠する可能性はありません。

ただしごく稀にですが手術でカットした精官が繋がってしまうこともあるので注意は必要になります。

とはいっても確率としては0・01%ほどなのでほぼ妊娠の可能性はないといえるでしょう。

またパイプカット手術をしても手術後にはまだ精液が残っているので、何回かは射精しておくことが必要になります。

パイプカットをしていて、何回か射精をしているのであれば妊娠する可能性はほとんどないので安心して性行為をすることができます。