フェミロンを通販で買いたい方へ。

フェミロンはマーシロンのジェネリックです。
名前が違うだけで成分は全くマーシロンと同じです。
マーシロンを購入出来るのはこちら!

マーシロン

フェミロンの効能、効果

フェミロンとは、デソゲストレルとエチニルエストラジオールを主な成分とした低用量ピルのことです。

一般的な低用量ピルに見られるホルモンの成分が比較的少また、なく配合されているので、ピルを飲むと起こりがちな、体重の増加やニキビ等の副作用が少なく済みます。デソゲストレルと呼ばれる成分は、避妊薬の「第三世代」と呼ばれたりもして、前の「第二世代」と比べると合成エストロゲン量が少ないので、乳房の痛みが少なく、体重増加になりやすいのです。

フェミロンはマーべロンとマーシロンという二つの低用量ピルと同じ成分です。

エチニルエストラジオールというエストロゲン成分が多い方のマーべロンは日本では認可されています。

マーシロンは海外で一般的に広く使われていますし、マーベロンよりも副作用が少ないので人気です。
個人輸入も可能ですが、用法用量はしっかり守らなければなりません。

フェミロンの成分、特徴

避妊薬(低用量ピル)であるフェミロンに含まれる成分は、デソゲストレルという成分と、エチニルエストラジオールという成分です。

フェミロンの特徴としましては、ホルモンの配合が少なく、身体への負担や副作用が少ないことです。

そして排卵を抑えて卵胞刺激ホルモンや黄体ホルモンの分泌を促進するという特徴があります。

それ以外の特徴としましては、生理痛や生理不順を改善させるという特徴があり、ニキビやムダ毛の改善をする効果があったり、卵巣がんの予防やバストアップの効果、更年期障害を軽減させる効果があることが特徴です。

そして、避妊率も高く、その確率は99%以上であることもフェミロンの大きな特徴と言えるでしょう。

フェミロンの飲み方

フェミロンの服用方法は、1セットを28日周期で服用するようにします。フェミロンは生理初日から服用するので、生理が始まるまでは服用しないで下さい。最初に飲む1錠目は、生理日の初日に服用をします。翌日から毎日同じ時間に1錠ずつ20日間かけて服用して下さい。21日間で1セットのフェミニンの服用が終了するので、この後は7日間服用するのを休みます。最初の1日目から21日目まで毎日服用をして、休みの7日間を合わせて28日間で1セットの服用が終了します。フェミロンの服用を休んでいるうちに次の生理が始まります。7日間服用を休んで次の生理が始まったら、次の1セットの始めて下さい。2セット目も1セット目と同じように、毎日同じ時間に1錠ずつ服用していきます。

フェミロンの口コミ

いままでは別の避妊薬を飲んでいたのですが、それだと体調不良になったり食欲が優れなくて体重が急激に増減するなどということが度々あったので、色々と調べてこのフェミロン新しく飲み始めました。するといままでのがウソのように副作用もなくてすごく助かってます。

週末や仕事のない休日などに彼と過ごすのですが、コンドームを着けてくれないということもしばしばだったので、トリキュラーを飲んでいたのですが副作用が気になりこのフェミロンという避妊薬を使い始めました。今のところ副作用もありませんし、彼も満足しているので、これからも使い続けます。

最近、生理痛や肌荒れがひどくなってきていて、どうすれば緩和できるのかと調べてみたところ、このフェミロンという避妊薬は避妊効果だけでなく生理痛や肌荒れにも効果があるとのことで服用し始めました。徐々にですが症状が緩和されてきていて非常に助かってます。

フェミロンの副作用、症状について

フェミロンの服用を始めた初期の段階では、ホルモンのバランスに変化が起こるため、つわりと同じような副作用の症状があらわれる場合があります。

顔の赤らみ、卵巣腫大、体重の増加、乳房の緊張感といった身体にあらわれる症状。

そして、頭痛、下腹の痛みといった痛みの症状、倦怠感や吐き気、嘔吐、精神が興奮することによる情緒不安定、そして頻尿や尿の量の増加、じんましんなどといった症状があらわれます。

これらの症状は、ほとんどが2ヶ月程度でおさまります。少ないですケースですが、腹水で腹部がふくれる、軽症のOHSS(卵巣過剰刺激症候群発症)することもあるのです。また複数の子供を妊娠する多胎妊娠もみられます。フェミロンを飲み忘れで、不正出血の症状があらわれることもあるのです。