マーベロンは通販で簡単に買える人気の高いお薬です。
病院で処方してもらうよりずっと楽ですよ!

>>マーベロン

マーベロン21、28の効能、効果、成分について

マーベロン21、28は低用量ピルとして多くの人に親しまれています。

口コミの評判が良くリピーターも多い人気の商品です。排卵を抑制するという効能があり、避妊、生理不順を改善させる、生理痛や月経前症候群の症状を緩和させるなどの効果が期待できます。

女性ホルモンのエストロゲンやプロゲスチンなどの成分が配合されています。
用法用量をきちんと守って飲み忘れに注意しましょう。

マーベロンの副作用

副作用としては、頭痛、胃痛、吐き気、胸の張り、不正出血、めまいなどがあります。
病院から処方されるというのが一般的な入手方法ですが、通販サイトでも手軽に購入することができます。体に異変を感じた場合は服用を止めて速やかに病院を受診して医師に相談をしましょう。

マーベロン21と28の違いは何

マーベロン28には、7日分有効成分が一切含まれていない錠剤が入っています。
マ-ベロン21は、21日服用し、その後7日間は服用しない期間を設けるという飲み方をします。

しかし、この服用しない期間があると、次に服用し始める日をうっかり忘れてしまうという方も少なくないのではないでしょうか。

そんな方は、マーベロン28を選び、服用の必要がない7日間は有効成分が含まれていない錠剤を飲み、薬を飲むことを習慣づけることで飲み忘れを防ぐことができるのです。
マーベロン21と28の違いはこの1点のみで、成分などには全く違いはありません。また、価格も同じなので、薬の飲み方の好みに応じてどちらにするか選ぶことができます。

マーベロンの飲み方・21と28それぞれについて

マーベロン21の飲み方

マーベロン21は、生理の第1日目から1日1回1錠を21日間飲みます。
その後、7日間薬の服用を休みます。このような飲み方で、避妊する期間を繰り返して飲みます。飲み始めた日が第1日目から遅れてしまった時には、飲み始めの最初の1週間は他の避妊法を併用してください。

マーベロン28の飲み方

マーベロン28は、生理の第1日目から白い錠剤を1日1回1錠を21日間飲み、22日目からは緑色の錠剤を1日1回1錠ずつ7日間飲みます。
つまり28日間連続して飲むので、休薬期間はありません。

緑色の錠剤を飲み終えた次の日から、生理の有無にかかわらず、再び白い錠剤から飲み始めて、避妊する期間を繰り返して飲みます。
錠剤は、左上の端っこの白色の錠剤から、矢印方向に沿って順番に飲んでください。

マーベロンの口コミ

以前からピルを服用しており、今はマーベロンを飲んでいます。
飲み始めてから肌荒れが治りました。
他のピルでは副作用としてニキビができた事もありましたが、マーベロンでは逆に肌が綺麗になりました。気のせいかと思いネットで調べてみれば、きちんとマーベロンの配合にそういう効果があるのですね。とても嬉しいです。

避妊用に十数年マーベロンを飲んでいます。
副作用も少なく、生理のわずらわしさからも解放されて助かっています。肌の調子もよくなるので、避妊の必要がなくなっても飲み続けます。

初めてのピルにマーベロンを処方されました。
PMSをやわらげる為です。飲んですぐに効果がありました。
あまりの効きの早さに強い副作用があるのではないかと不安でしたが、初めに軽い頭痛がした程度で、副作用はほとんどありませんでした。口コミでも副作用が軽いという評判ですし、これだけPMSを軽減してくれるなら大助かりです。続けたいと思います。